人気リゾート地での宿泊

予約時に注意すること

ホテル

長期休暇を与論島で過ごそうと考えている方も多いのではないでしょうか。
与論島への旅行を考えた時に、まず最初にしなければならないことはホテルの手配です。
与論島には大小様々なホテルがありますが、人気の観光地ということもありすぐに部屋の予約が埋まってしまうのです。
そのため、宿泊の予約は早めに行うことが鉄則となっています。
与論島のホテルは、観光案内サイトなどで確認することができます。
ぞれぞれの住所や連絡先の他、設備やサービス内容も記載されているため選ぶ際の参考になります。
この時に注意しなければならないのは、食事の有無についてです。
ホテルによっては素泊まりが原則の所もあるため、その場合は事前に周辺の飲食店の下調べをしておく必要があります。
また、ロッジに宿泊するタイプのホテルの場合は自炊ができるようになっているためあらかじめ食材の購入をしておきます。
与論島は、ビーチリゾートを堪能できる観光地です。
そのため、ホテルの多くではダイビング体験などのアクティビティがセットになっています。
ビーチリゾートを希望する場合には、こういったサービスを提供しているホテルを選ぶと便利です。
また、立地的に海に近いホテルを予約することで移動も楽になります。
島ならではの人のぬくもりを身近に感じることができるのが、与論島のホテルの魅力の一つです。
この傾向が特に強いのが、個人経営の民宿です。
反対に自分だけのプライベートな時間を大事にしたいという人の場合は、ビジネスホテルを選ぶようにします。

宿泊施設も魅力的です

部屋

鹿児島と沖縄の間に浮かぶ絶景の島として有名なのが与論島です。
与論島周辺はエメラルドグリーンの海が広がる恵まれた水質を誇っており、海水浴やフィッシングをはじめプレジャーボートやダイビングなどマリンスポーツを楽しむにはもってこいの環境が整っています。
また島内には緑も豊富に残っているので散策ついでに南国の花を楽しむこともできるなど、のんびりとリフレッシュするのに最適な島です。
最近では女子会で訪れるグループも増えるなど癒しを求める女性にも人気です。
とくに幻の島ともよばれている百合ヶ浜へのツアーは好評となっています。
百合ヶ浜は大潮など様々な条件が重なったときにだけ出現する島で、そこから眺める夕焼けは日本一と評されるほど絶景のポイントとなっています。
この与論島を訪れるならコテージタイプのホテル利用をおすすめします。
海のすぐ近くにあるコテージタイプのホテルならリゾート気分を満喫できることにくわえ、自宅にいるかのようなリラックス感も楽しめます。
また美しいマリンビューを堪能したい方にはリゾートホテルもおすすめです。
リゾートホテルの部屋からはどこまでも続く大海原を見ることができるので、日の出や夕日も室内からしっかりと堪能することができます。
リゾートホテルが所有するプライベートビーチは白い砂浜が広がっており、誰にも邪魔されることなく水辺の散策を楽しむこともできます。
これから与論島を訪ねる計画を立てている方は、それぞれのスタイルに合わせてホテル選びも楽しんでみましょう。

宿泊客として守るべきこと

海

鹿児島県に属する与論島は、百合ヶ浜と美しい自然環境に特徴があり、夏をメインシーズンにたくさんの観光客が訪問しています。
海水浴だけが魅力ではありませんので、混雑を避けたい場合は別シーズンに訪問するのも1つの工夫です。
与論島は空港とフェリーターミナルが設置されていますが、便数は限られているため、現地滞在型の旅がおすすめといえるでしょう。
例えば、日中は海岸と島内探索に時間を配分し、サンセットを眺めたあとはホテルでゆったりとしたお食事が楽しめます。
有名チェーンから民宿まで様々なホテルから選定できる与論島は、十分な比較が旅の満足度がアップさせるコツです。
しかし、自分たちだけでなく周囲の影響も考慮するべきであり、知らないうちに迷惑行為をしていた、という事態は避けなければなりません。
よくあるのが楽しさのあまり騒いでしまうケースで、人数が多いほど大きな声を出しがちです。
ホテル内は防音を意識した構造となっていますが、民宿は民家を借りている感覚で利用しましょう。
お酒が入るときは特に注意するべきで、苦情が発端となるトラブルは、今後の利用が不可能となってしまいます。
このほか、与論島では最終チェックインが設定されているホテルもあるため、訪問前の事前確認が大切です。
これは、チェックイン開始時刻や門限のことではなく、宿泊と夕食のための最終受付時間です。
遅れる場合は事前連絡で宿泊できますが、夕食が用意できなくなる場合もあります。
いずれにしても早めの到着で回避できるため、チェックインを優先する行動計画が安心です。