幻想的な世界を観る

海の中の神秘

水中

夏の季節になると海に行きたくなる人は多いことでしょう。
特に沖縄は観光地として有名で、海水浴だけではなくさまざまなマリンスポーツを楽しむことができます。
沖縄の海でできることなかで、人気の高いもののひとつにシュノーケリングがあります。
シュノーケリングとは、シュノーケルという装置を使って海の中へもぐり、普段の生活では観ることのできない幻想的な世界を体験できる遊びです。
シュノーケルを使用することで水中でも息をすることができるようになります。
シュノーケルをうまく活用し海の底へもぐり、海の中から沖縄を堪能できます。
沖縄のシュノーケリングが人気の理由としてはいくつも考えられます。
まず思い出に残りやすいということです。
シュノーケルをつける機会は普通の人であれば滅多になく、特別な体験となるでしょう。
シュノーケリングを行う場所によっては魚の餌付けを行っていたり、水中での記念撮影サービスを設けているところもあります。
なかなかできない体験を形としても思い出に残すことができます。
また、3歳から参加可能なシュノーケリングツアーを用意している施設も多いため、家族総出で楽しむことができる点もシュノーケリングが人気の理由のひとつです。
ツアーに含まれている場合は費用も安く抑えることができるため、気軽にシュノーケリングを楽しむことができます。
そして、何と言っても沖縄のマリンブルーを堪能できる点が、もっとも大きな理由といえるでしょう。

初心者でも安心

魚

沖縄に旅行に行った場合、マリンアクティビティが楽しみのひとつでもあります。
ダイビングに並び、人気のあるのがシュノーケリングになります。
シュノーケリングは水中メガネ、シュノーケル、フィンを付けて海の世界を楽しむアクティビティになります。
シュノーケルを付けていれば水中に顔をつけ浮いていても息継ぎの心配がいりません。
また、浮力のあるマリンスーツやライフジャケットを着用するので泳ぎの苦手な人でも問題なく海を楽しむ事が出来ます。
シュノーケルをつかったアクティビティならば、小学校の低学年ぐらいでも楽しむ事が可能なのです。
つまり、家族全員で遊ぶことが出来ます。
沖縄の海は、透明度が高く生態系が豊かです。
サンゴのある場所では、カクレクマノミや海ガメに出会えることもあります。
沖縄でのシュノーケリングをするにあたっては、ビーチ選びをする必要があります。
例えば、泳ぎが苦手で浅瀬を希望する場所や人が少ない場所を希望する場合、又は、価格が高めになりますが船で沖合に出て海ガメが見られる可能性のあるポイントに行くなど様々なビーチがあります。
沖縄観光とシュノーケルツアーを両方を楽しみたい人では、午前を海で午後は観光というプランもあります。
沖縄の海を一日中楽しむ人では、船上ランチ付きプランというのもあるようです。
最も人気があるスポットは、青い世界が魅力的な青の洞窟です。
シュノーケルを初めて付ける人には最適な場所となっています。

エントリー方法で選ぶ

水中

本格的な器材と装備が必要なスキューバダイビングと比べて、簡単な器材だけで楽しめるシュノーケリングは手軽なマリンスポーツとして人気が高まっています。
水中で呼吸を可能にするシュノーケルと呼ばれる専用器具の他、水中メガネとフィンを合わせた3点セットがあればシュノーケリングを楽しむことが可能です。
ライフジャケットやウェットスーツを着用することで体が水に浮くため、泳ぎの苦手な人や小さいお子さんでもシュノーケリングに参加できます。
シュノーケリングを行う場所としては透明度の高い海が適しており、海の生き物たちも豊富に見られる沖縄には絶好の水中観察スポットが多いものです。
沖縄シュノーケルツアーも多く開催されていますが、参加する際には熟練したインストラクターが同行するかどうかという点が重要な選定ポイントとなります。
シュノーケルの使い方はそれほど難しくないとは言え、初心者が安心して水中観察を楽しむためにはベテランのガイドによる指導が欠かせません。
小さなお子さんにも沖縄の海でシュノーケリングの素晴らしさを体験させたいというケースでは、ツアーを申し込む際に参加可能年齢の確認が必要です。
ツアーによって参加可能年齢が4歳以上や6歳以上などと設定されていますので、この場合はお子さんの年齢によってシュノーケルツアーを選ぶことになります。
集合時間・所要時間といったスケジュール内容に加え、ビーチエントリーとボートエントリーのエントリー方法の違いによってもシュノーケリングの楽しみ方が違ってくるものです。
沖縄シュノーケルツアーを選ぶポイントとしては料金も重視されますが、料金の安いビーチエントリーは浅瀬から海に入るため初心者でも安心して参加できます。
ボートエントリーはある程度シュノーケリングに慣れた人に向いた方式で、サンゴやウミガメの多いスポットまでボートで到達して水中観察を楽しめることから人気を集めています。