ツアーの利用で安く

各種手配をまとめて

ウーマン

青の洞窟とは、沖縄の西海岸にある天然の岩穴です。
美しい海水と海面に降り注ぐ日光により、岸壁が青色に染まって見えることから、青の洞窟と呼ばれているのです。
しかも昼間は淡い青色、夜間は濃い青色、夕方にはオレンジ色といった具合で、時間帯によって異なる色合いを楽しむことができます。
そのため青の洞窟は、観光名所の多い沖縄の中でも特に知られていますし、ここには全国から多くの人が、シュノーケリングなどのレジャーのために訪れています。
そのことから近年では様々な旅行会社で、青の洞窟でのシュノーケリングを目的としたツアーが用意されるようになっています。
沖縄までの航空チケットはもちろん、宿泊施設やレンタカーなども、まとめて手配できることから注目されています。
しかもツアーは、料金が通常と比較すると安めとなっていることが多く、その点からも話題となっています。
たとえば沖縄までの航空チケットは、関東地方からの場合で、通常は片道約4万円です。
往復の場合は、その倍近くの費用がかかりますし、その他にも1泊につき約1万円の宿泊費が発生します。
しかしツアーの場合は、往復航空チケットと2泊分の宿泊費も含めて、トータルで約5万円の費用負担で済むのです。
夏以外のオフシーズンには、3〜4万円ほどで参加できることもあります。
もちろんシュノーケリングの道具のレンタル料金や、インストラクターによる指導料なども、込みとなっているのです。
そのため青の洞窟でのシュノーケリングを希望する人の多くが、ツアーを利用しています。

天候に左右されます

男性

沖縄にはとても美しい青の洞窟が存在しています。
専門の業者に予め予約をすることで、誰でも気軽にシュノーケリングによって、青の洞窟の散策を行うことができます。
沖縄にある青の洞窟は恩納村の真栄田岬にあります。
那覇空港からは車で約一時間で到着します。
沖縄にある専門業者では青の洞窟のシュノーケリングツアーは様々なプランを用意している場合が多い傾向です。
例えばシュノーケリングのスタイルが合同開催か、ガイドを貸し切りして行うのか、お店集合か現地集合化などプランが細かくわかれています。
希望するプランによって、シュノーケリングの価格に違いが出てくるのが特徴です。
自身が滞在しているホテルや旅行プランに合わせて、希望のスタイルを見つけるとよいでしょう。
また、沖縄には同じようなオプショナルツアーを打ち出しているお店が複数あり、利用するお店によってサービスが異なります。
例えば、店舗にシャワーを完備している場合には、シュノーケリング後に利用できるため、さっぱりして帰路につくことができます。
それ以外にも家族連れでも参加できるプランを催行しているお店もあります。
幼児から参加が可能な場合もあるため、子供と貴重な体験をすることが可能です。
子供連れだと何かと大変な場合には、託児付きプランを打ち出しているお店を利用することも一つの手段です。
いずれの場合においても、予約をしておくことが必要になるため、旅行に出かける前に選定しておきましょう。
また沖縄は台風などの影響も受けやすいエリアであるため、天候によってはツアーが中止になる場合もあるため注意が必要です。

マリンスポーツも楽しめる

シュノーケル

沖縄本島にある青の洞窟は、観光だけでなくシュノーケリングスポットとしても人気となっています。
青の洞窟は恩納村真栄田岬にあり、ビーチから歩いていくことができます。
観光客が多い場合は、洞窟に行く階段は列をなすほど混み合うためボートを利用する人も多くなっています。
青の洞窟は半分水中にあり、水面が青く光っているのが特徴です。
光の反射によりその青色は様々な濃さに変化し人々を魅了します。
その洞窟や周辺の海中をシュノーケリングすることよって沖縄の様々な熱帯魚や珊瑚礁などを楽しむことができます。
シュノーケリングはダイビングなどと違い、初心者だけでなく小さな子供でも簡単にできるスポーツです。
またインストラクターもついているので安心して楽しむことができます。
そのため家族でシュノーケリングツアーに参加する人も多いのです。
シュノーケリングツアーはシュノーケルやフィン、水中メガネ、ライフジャケットなど器材をレンタル出来るので便利です。
これなら重い荷物を抱えて沖縄まで旅行することもありません。
また沖縄のお店によっては空港やホテルから青の洞窟までの送迎サービスをしてくれるところもあります。
ツアーの料金は主催するお店によって違ってきます。
安いところでは一人につき2千円前後で参加することもできます。
しかし価格だけでなくそれぞれのツアーのサービス内容なども検討して決めることが大切です。
また申し込む場合は早割やグループ割引などを用意しているお店もあります。