海が美しいリゾート

満点の星空もおすすめ

レディ

与論島とは、鹿児島県最南端の島で、「癒しの島」とも呼ばれています。
名前も聞いたことがないという方もいらっしゃるとおもいますが、「死ぬまでに行きたい世界の絶景」の著者が絶賛している、とにかく美しい島なのです。
与論島はとにかく、海が美しいリゾートビーチです。
白い砂とサンゴ礁に囲まれた温暖な気候の島で、干潮の時に出現する白い砂浜、百合ヶ浜の透明度は他では見られない絶景です。
水平線に沈む夕日もまた絶景で、様々な自然の美しさを見せてくれるところです。
もしせっかく与論島に来たのなら、泊まりでゆっくりするのがおすすめです。
ホテルに泊まることで、普段はなかなか見ることができない満点の星空を味わうことができます。
与論島には、様々なホテルがあります。
素朴で懐かしい民宿や、リゾートホテル、最近ではワンルームタイプのコテージも増えて来ました。
またビジネスや家族と旅行、団体など、多くの観光客が訪れる与論島なので、ホテルも十分にあります。
ホテルでの朝食も良いですが、素泊まりプランがあるホテルもあるので、市街地まで行き、ご当地のグルメを食べに行くのもおすすめです。
周囲をサイクリングしたり、ドライブで島内を散策したり、与論島ならではの遊びができます。
朝は早く起きてビーチを散歩するのも素敵ですね。
与論島は1日では楽しみきれない海や夕日、砂浜の美しさ、満点の星空、島内の雰囲気などがあります。
早めにホテルを予約して、美しい与論島を訪れてみてください。

宿泊プランを考える

海

与論島のホテルはいくつかあるので、宿泊するのならよく比較して決めましょう。
それぞれプランも違っています。
まず、相場を調べてみることをお勧めします。
また、与論島のホテルといっても用途や目的によって選択するところは異なるはずです。
何を目的に宿泊するのか、そこから考えてみましょう。
与論島というと、スキューバダイビングや海水浴というように、マリンスポーツ目当てで訪れる人が多い地域です。
一方、単純に景色や観光スポット巡りを楽しみに訪れる人も居ます。
それぞれに目的に合うホテルに滞在しましょう。
マリンスポーツをするのなら、そのホテルに宿泊することで割引になるといったところがお勧めです。
観光スポット巡りに関しても、ホテルと観光スポットが提携しているところがあります。
そうすれば、割引料金でいろいろな観光スポットを巡れるので魅力的です。
それから、季節によっても宿泊費は違ってきます。
全体的に、与論島を訪れる人は夏が多いため、夏は料金が高めです。
この点も考慮して宿泊日を決めましょう。
与論島の格安ホテルなら、2泊3日で4万円程度で宿泊することも可能です。
これはツアープランを利用することでお手軽になることがあるからです。
また、せっかく行くのなら長く滞在したいという人も居ますが、その方がお得だからです。
そんな人のためにロングステイプランを設けているホテルもあります。
長く滞在するのなら自由に使えるコテージ風がお勧めです。
コテージなら4名で2週間、8万円程度で宿泊できることもあります。

比較検討して候補を絞る

ヤシの木

鹿児島県の最南端に位置する島で奄美群島の一つである与論島に旅行やビジネスで訪れることになったら、まずはホテルを手配する必要があります。
与論島には海を見渡せる絶好のロケーションを誇るホテル、市街地へも好アクセスなホテル、アットホームな雰囲気のホテルなど多種多様なホテルが存在しています。
与論島で宿泊するホテルを選ぶ際には、最初に旅行サイトなどで大まかな特徴や口コミを調べてから、ホテルの公式サイトでより詳細な情報を確認するとよいです。
アクセス、食事の有無、アメニティの種類、設備の充実度など、自分の目的や希望に照らし合わせて候補を絞っていくようにしましょう。
それから、与論島のホテルではビジネス向けプランや早割プランなど様々な種類のプランが用意されていますので、目的に応じて最適なプランを選ぶようにします。
似たようなタイプのホテルであっても用意されているプランや宿泊料金がまったく異なることもあるため、しっかり比較したうえで候補を絞ることが大切です。
そして、与論島で宿泊するためのホテルが決定したならば、さらに客室のタイプも選択しなくてはいけません。
その際には、部屋の広さやベッドの数だけでなく、ベッドのメーカーや大きさ、備え付けの設備なども確認するようにします。
また、洋室タイプの客室のほかに和室タイプや和洋室タイプの客室も備えている場合もありますので、自分が最も快適に過ごせそうな部屋を予約するようにしましょう。